浮月楼にて


静岡では知らない人はいない


最後の将軍 徳川慶喜が大政奉還後20年にわたって


余生を過ごされた屋敷跡「浮月楼」(ふげつろう) にある


レストラン「浮殿」(うきどの) でのお抹茶セットのお菓子を


なんと大国屋製菓舗が10月から担当させてもらっています


なんで大国屋が!?っと思う方も多いかもしれませんが

(誰より本人がそう思ってます・・・)


9月より浮月楼の八代目料理長に就任されました藤村料理長が


以前に大国屋近くの和食「旬輝」で、料理長を任されていた時に、


ウチのお菓子を使って頂いていたという御縁がありまして


この度、藤村氏から声をかけていただきました。


藤村将義


日本平ホテルにて修行を積んだ後

ホテルセンチュリー静岡副料理長や、

「旬輝」料理長を経て

ハイアットリージェンシー東京

日本料理・鮨・鉄板焼きの料理長を歴任し

2021年9月より 浮月楼の料理長に就任


「すべての日本料理に共通することですが

浮月楼の味のこだわりは、「出汁」です。

料理のベースとなる出汁にこだわり、忠実に基本を守り、

そして新しい和食文化をお客様へ心を込めて提供致します。

常に進化し続けることを目標に伝統を守り、

確信を日々探しております。」


そんな方に声をかけて頂いて有り難いです。


本当にありがたいお話です。


「本当にウチでいいんですか?」って何回も聞いちゃいました・・・


浮月楼さんは、現在放送中の大河ドラマの


渋沢栄一のゆかりの地でもあり


徳川慶喜公の貴重な写真や資料を常設展示もしています。


もし脚を運ぶ機会がありましたら、覗いてみてはいかがでしょうか。


その際は、「浮殿」も宜しくお願い致します!


*写真4枚目の、八代目料理長お披露目会は

既に定員に達しているため、予約を締め切らせて頂いております。
















33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示